沿革

DAIWA STEEL TUBE INDUSTRIES

会社案内・採用情報

沿革
1932年(昭和7年)
創始者中村留市が大阪市大正区に中村巻パイプ製造所を創業。溶接鋼管の製造販売を始める。
1944年(昭和19年)
同製造所を法人組織として大和鋼管工業(株)に改称。
1970年(昭和45年)
中村松市社長就任。
1973年(昭和48年)
世界特許取得の溶融亜鉛メッキ鋼管連続自動製造法「ダイワZプロセス」1号ラインを堺工場に設置。「ポストジンク」の販売を開始する。
1977年(昭和52年)
本社を大阪市北区中之島に移転。「ダイワZプロセス」2号ラインを堺工場に設置。
1981年(昭和56年)
(株)ユニティ設立。
1987年(昭和62年)
東日本の生産拠点として栃木県に関東工場完成。
2003年(平成15年)
中村慎市郎社長就任。大和鋼管工業(株)、(株)ユニティがISO9001を取得。
2004年(平成16年)
内外面溶融亜鉛メッキ鋼管「パーフェクトポストジンク」販売。
スーパーライト700、STX700、STXR700、国土交通省「新技術情報提供システム(NETIS)」登録。
2006年(平成18年)
新JISマーク表示制度認証を取得。
2007年(平成19年)
700N級構造用高張力炭素鋼鋼管 国土交通大臣指定建築材料として認定を取得。
本社機能を東京本社へ集約。
東京と大阪に東西営業本部を設置。
2008年(平成20年)
(株)ユニティをDSTIホールディングス(株)へ改称。
パーフェクトポストジンク(財)土木研究センターから技術審査証明を取得。
2011年(平成23年)
パーフェクトポストジンク、国土交通省「新技術情報提供システム(NETIS)」登録。
本社を栃木県さくら市に移転。
東京セールスオフィスを東京都中央区に設置。
2013年(平成25年)
大和鋼管工業(株)にDSTIホールディングス(株)を統合合併。
鋼製電線管の製造販売を開始。
ページトップ
one to ONE