2020.06.15

コロナじゃなくてもコミュニケーション不足?!スーパーライト700は足場管です!!!

6月2日に東京アラートが発令されましたが、結果的にはどうにか新たな感染者は急増せず、無事に11日には解除されました。またスーパーマーケットやコンビニ等でも徐々にマスク不足が解消され、ウィズコロナ/アフターコロナの日常の姿が徐々に見えてきた様に感じます。

その一方で、季節性を勘案するとコロナウイルスは一旦おさまる事も考えられますが、過去のパンデミックであるスペイン風邪では、第二波が第一波より猛威を奮いました。経験知がどこ迄活かせるかわかりませんが、やはり安全最優先が肝心だと思います。引続き最も厳しい現実を想定し、社員及びお客さま/お取引先へ感染拡大防止への注意喚起と連携強化を継続して行きたいと考えております。

そこで今回も、皆さまのお役に立ち/為になる情報提供をと思い、以下の3つのトピックをご紹介させて頂きます。

コロナじゃなくてもコミュニケーション不足?!スーパーライト700は足場管です!!!

5月18日よりメールマガジンの発行を毎週月曜日に実施し、今回で5回目の配信となりました。読者の皆さまは私が実際にお会いした事がない方が大半を占めており”大和鋼管の杉本って誰だ?”と思われたのではないかと思います。一方で、直接存じ上げない皆さまから様々なお問合せやお礼のお返事を毎週頂き、私自身としてはすごく勉強になり励みになっております。

そもそも、コロナウイルスの影響で中々当社の社員も直接皆さまにお会いする機会が減り、お客さまとのコミュニケーションが希薄になる事を心配し、メールマガジンの発行頻度を上げてみたのですが、お客さまとの遣取りが増えた事によって様々な"気付き"を得る事もできました。その一つが”お客さまの信頼を得るには、とても長い時間が掛かる”という事です。

一つの例として私たちの主力商品である”軽量足場管スーパーライト700”について、お客さまから”スーパーライト700は足場管としてちゃんと使用できるんですか?”というお問合せがありました。実際お電話でフォローアップさせて頂いたのですが、その際のお客さまの不安そうな声がとても印象に残っています。

スーパーライト700は当社が日本製鉄さんと共同開発し、当時2.4mmの鋼管しか使えないと規定されていた労働安全衛生規則自体の法律改正を実現、1996年から販売を開始して累積で約30万トン/6,000万本の販売実績を誇るロングセラー商品です。つまり、もともと足場管として開発され法律改正まで行い世に出た製品なのです。

一方で、スーパーライト700はJIS規格外の製品です。これは私たちがスーパーライト700に使用している日本製鉄さんの素材が特別な素材で、そもそもJISの規格に含まれない為です。今回のお問合せの返事の際、”労働安全衛生規則にしっかり適合してますし、安全/安心して使えますよ”とお伝えすると、お客さまの声の雰囲気も明るくなったような印象を受けました。

改めて考えてみると、足場管を造ってる当社にとっては足場管は私たちの仕事の中心にあるとても大きな存在ですが、お客さまにとっては飽くまでもお仕事や生活の一部です。発売から24年も経っているロングセラー商品でも、しっかりと一人ひとりのお客さまに信頼できる商品として認知して頂くには本当に長い時間が掛かるんですね。

そんな事に気づくと俄然スーパーライト700の更なる認知向上に向けて気合が入りました。改めまして、軽量足場管スーパーライト700について以下の特設サイトにて詳しくご紹介させて頂きたいと思います。是非一度覗いてみて下さい。

「軽量足場管スーパーライト700」資料ダウンロード

何このヒモ?白サビ防止にはパイプもシッカリ三密回避!!

今週から本格的に各地で梅雨も始まり、気温/湿度も徐々に高くなってくる時期となりました。このような時期は先週のメールマガジンでもお伝えしたとおり、亜鉛メッキ製品で”白サビ”が非常に発生がし易くなります。

前回のメールマガジンでは、白サビを防ぐ為のご提案をさせて頂きましたが今回、当社の行なっている白サビ対策への”ちょっとした工夫”をご紹介させて頂きたいと思います。それは以下の写真でご確認頂ける”白いロープ”です。

何このヒモ?白サビ防止にはパイプもシッカリ三密回避!!

ご存知の通り、白サビを発生させるのは水分と酸素です。つまり水気や湿気があり通気性が悪いと亜鉛が汗をかいて白サビを発生させる、そんな仕組みになっています。実はこの”白いロープ”を結束されたパイプ同士に間に挟むと、パイプ同士に隙間ができて水気/湿気を取り除くと共に、通気性が改善されて白サビが発生しづらくなります。つまり、この白い紐がパイプ同士の三密を回避し白サビ防止の役目を担っているのです。

例えば、上記写真にある角型鋼管や外径の小さな鋼管はパイプとパイプが密着し易く、水気/湿気が溜まりやすく通気性も悪くなります。特に今からの梅雨時にはくれぐれも”何これ?”といって結束を解く前に、このヒモを引抜かない様にしてくださいね。この時期はパイプにとってもソーシャルディスタンスがとても大事になります。

梅雨時の白サビ防止に関して何か保管方法や納期のタイミング等でご質問/ご相談があれば、ご遠慮無く担当の営業マンにご連絡頂くか、以下のリンクからお問合せ頂ければ幸いです。引続き宜しくお願い致します。

ささやかなお役立ちを永遠に。メルマガバックナンバー

先述通り、コロナウイルスによる環境変化をきっかけにメールマガジンの充実を図ってきましたが、”今まで配信していたもので見逃した”、”改めて見返してみたい”等のご要望にお答えすべく、新コーポレートサイトに”メルマガバックナンバーページ”を追加しましたので、ご紹介させて頂きます。こちらのページでは、今まで配信したメールマガジン及び今後配信予定のメールマガジンを随時掲載していきますので、必要に応じてご活用頂ければ幸いです。

メールマガジンバックナンバーサイト

また、当社はより多くのお取引先の皆さまにお役に立ち、為になる情報提供を常に考え日々取組んでおります。皆さまの周りで”大和鋼管のメールマガジンを読んでみたい”という方がいらっしゃいましたら、以下のメールマガジン定期購読フォームより無料登録ができます。是非ご活用ください。

メールマガジン定期購読フォーム

最後まで読んで頂きありがとうございました。今後もお役に立てそうな情報がありましたらお伝えできればと思っております。引続き宜しくお願い申し上げます。

農芸用鋼管 / 巻き上げ専用鋼管

RECENT POST「コラム」の最新記事


コロナじゃなくてもコミュニケーション不足?!スーパーライト700は足場管です!!!