ユニークな製造工程

独自のライン設備
「ダイワZプロセス」

従来の溶接亜鉛メッキ鋼管は、造管(板からパイプの整形)とメッキを別々のプロセスで行っています。独自のライン設備「ダイワZプロセス」は造管と溶接亜鉛メッキを一体化し、工程の能率化を図りました。また、当社独自のトップコートで、よりさびにくい製品品質にこだわっています。

パーフェクトポストジンク(PPZ)

パイプの内面の部分を亜鉛メッキを行い、その後、パイプ成型と溶融亜鉛メッキを連続で行います。

ポストジンク(PZ)

パイプ成型と溶融亜鉛メッキを連続一貫製造します。パイプ内面も高温焼付け特殊塗料を連続塗装を行うことで均一な、強固な塗膜を形成しています。