2020.10.21

更に強靭な農業用ビニールハウスを。大和鋼管が皆さまと取組む”STXハウス”というチャレンジ。

近年、豪雨/台風/豪雪等の自然災害も多くなっており、年々その規模も勢力を増してきている様に感じます。そのような中、私たちの生活はもちろん、農業用ビニールハウスの倒壊被害も多く、お客さまより復旧/復興に向けたお問合せや注文が当社にもよくきます。

いつ発生するかわからない自然災害の為には日頃からの備えが必要である一方で、勢力の増した自然災害にも負けない更に強靭な農業用ビニールハウスを実現する事が課題かと思います。 そこで今回はこの課題を克服する一つの取組み事例として、当社製品のSTXを使用して開発しているSTXハウスについてご紹介できればと思います。

STXハウスってなに

STXハウスとは、日本製鉄と当社との共同開発で誕生した従来材に比べ2倍の強度を持つ高抗張力鋼管のSTX、いわゆるハイテンパイプを活用し開発した低コスト耐候性ハウスのことです。 STX強度と復元力が共に高く、高耐食性でサビにくい特徴をもっているので、農業用ビニールハウスの部材に活用する事によって台風や豪雪などの自然災害に強い農業用ビニールハウスの実現に大い貢献する事が期待できます。

STXハウス実現に向けて

私たちはSTXの販売をきっかけに、普及加速の為に発足したSTX友の会の会員さまの協力を得て、今年の3月に栃木県の国立大学法人宇都宮大学のキャンパス内にSTXハウス 間口7.2M / ピッチ500mm(Φ31.8mm x 2.0 mm)を施工しました。

IMG-1355

大学からはSTXハウスの見学許可を得ており、過去にもお客さまを招き見学会を実施しています。STXハウス巻取パイプにも当社製品のスーパーカラーを使用しております。

施工から約7ヶ月ほど経ちましたが先月末に現地を確認した際には、もちろんサビも変形もなく施工時と変わない状態で活用されていました。素材に近い製品を扱わせて頂いている私たちにとっては、この様に具体的に活用され形になる事は感慨も一入です。

STXハウスにしたことによるメリット

STXの特徴を活かした農業用ビニールハウスSTXハウスは、様々な点で皆さまにお役立ちをすることができますが、やはり一番は台風や豪雪等の自然災害にも耐えることができる強度と復元力、つまりその強靭さによって自然災害でも倒壊し難い、そして仮に倒壊したとしてもその復元力を以て農業用ビニールハウス再建コストを抑制できる点です。

スクリーンショット 2020-10-19 18.16.39

更にアーチパイプ母屋材のパイプの両方をSTXに変えることで、強度を維持してアーチパイプのピッチを拡げることができ、採光性の向上使用部材数の削減でき、農業用ビニールハウスのトータルコストを削減する事が見込めます。

スクリーンショット 2020-10-19 18.18.02

まとめ

今回はSTXハウスについてご紹介させて頂きました。STXの強くて、復元力が高く、高耐食性でサビにくい特徴を活かした、農業用ビニールハウスであるSTXハウスを見たいと言うお客さまは、下記のSTXハウス見学申込みフォームよりご連絡ください。現地視察はもちろんリモート/バーチャルでの対応のご相談も承りますので、是非お気軽にお声掛け頂ければ幸いです。

新規CTA

 


RELATED POST関連記事


RECENT POST「コラム」の最新記事


更に強靭な農業用ビニールハウスを。大和鋼管が皆さまと取組む”STXハウス”というチャレンジ。