2020.06.15

単管パイプとして使えるのにJIS規格外?!軽量なのに強靭な足場管スーパーライト700。

以前になりますが、お客さまから私たちの主力製品である単管パイプ スーパーライト700について、「JIS規格外だけれども単管パイプとして安全/安心を持って使用できますか?」というお問合せがありました。

私はこのお電話のフォローアップをさせていただいたのですが、その際のお客さまの不安そうな声がとても印象的でした。

結論から申し上げますと、スーパーライト700は単管パイプとして、品質上問題なく安全/安心に使用することができる、当社が自信を持ってオススメできる製品です。

では”何故スーパーライト700はJIS規格外にも拘らず単管パイプとして使用できるのか?”をご説明させていただきたいと思います。

Daiwa_tube_Shd_SL700_stencil_KPZKGH (1)

スーパーライト700とは?

スーパーライト700は、当社と日本製鉄株式会社が共同開発し、”軽量”且つ"強靭”という鋼管の特性としては相反する要素を見事に両立させ軽量単管パイプです。

鋼管の厚みはわずか1.8㎜で従来の2.4㎜よりも25%少なく、従来の単管パイプであるSTK500と比べて25%軽量化を実現すると同時に、引張り強さを約40%以上向上させることで、現場での作業負担軽減/輸送コスト削減を可能にしています。

スクリーンショット 2021-07-06 17.22.59

JIS規格外なのに、単管パイプとして使えるワケとは?

次にスーパーライト700はJIS規格外にも拘らず、単管パイプとして使えることに疑問を持たれている方もいらっしゃるかと思います。

先ずJIS規格外である理由ですが、スーパーライト700で使用している鋼材は日本製鉄株式会社から100%供給しており、鋼材そのものが特別な仕様の為、JIS規格に含まれません。

そこで当時の単管パイプの肉厚は2.4mmのみ規定していた労働安全衛生規則そのものを改正し、それに適合させることで、JIS規格外であっても単管パイプとしてスーパーライト700を使用できるようにしました。

スクリーンショット 2021-01-18 15.13.43

つまりスーパーライト700は、本来は単管パイプとして開発され、法改正まで行った後に世に出された革新的なパイプなのです。

まとめ

スーパーライト700が労働安全衛生規則に適合した安全/安心に品質上問題なくお使い頂ける単管パイプである理由についてご説明させていただきました。

1996年の販売開始以来約46万トン/8,300万本の累計販売実績があり、軽量単管パイプNo.1として実に多くの皆さまにご愛用いただいている、当社が自信を持ってオススメできる単管パイプです。

スクリーンショット 2021-07-07 11.52.17

「スーパーライト700のサンプルが欲しい」、「スーパーライト700の購入を検討しているけど、どこで購入すればいいのかわからない」等、ご要望やご質問がありましたら、お気軽に下記お問合せフォームよりお知らせ頂ければ幸いです。何卒宜しくお願い申し上げます。ありがとうございました。

新規CTA

 


RELATED POST関連記事


RECENT POST「単管パイプ/足場管」の最新記事


単管パイプとして使えるのにJIS規格外?!軽量なのに強靭な足場管スーパーライト700。