2022.02.16

スーパーライト700と他の軽量単管パイプは何が違う?!その特徴/効果/対応に関するまとめ。

一般的に単管パイプは軽仮設資材の足場管として工事現場で使用されるイメージが強いと思いますが、最近では接続金具の豊富さや扱いやすさから、プロの職人ではなく一般の方々がDIYで活用されることが多くなっており、ホームセンターやオンラインショップでも手軽に入手ができる様になりました。

一方で単管パイプにもSTK500という規格で造られた従来の単管パイプや軽量単管パイプといった様々な種類があり、従来管/軽量管でもメーカーによってそれぞれに特徴や仕様に違いもあるため、「どの単管パイプが一番良いの?」と迷われている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は当社主力製品である軽量単管パイプ”スーパーライト700”にはどの様な特徴があり、実際にどのような部分で皆さまのお役に立てるのかを詳しくまとめさせていただきましたのでご紹介します。

軽量単管パイプ”スーパーライト700”とは?

軽量単管パイプ”スーパーライト700”は、当社と日本製鉄株式会社が共同開発し”軽量”且つ"強靭”という鋼管の特性としては相反する要素を見事に両立させ軽量単管パイプです。

"スーパーライト700"は、従来の単管パイプであるSTK500に比べて引張り強さを約40%以上向上させながら、厚みを2.4㎜から1.8㎜へ薄くする事で、25%軽量化を実現しました。そのため、現場での作業負担軽減/輸送コスト削減を可能にしています。

パイプ画像-SL700

一方で軽量単管パイプ”スーパーライト700”は、使用している鋼材が日本製鉄株式会社から供給される特別仕様の材料を使用しているのでJIS規格製品ではありませんが、労働安全衛生規則への適合を前提に開発された製品である為、足場管として安心して使用できる単管パイプです。

SL700-労働安全衛生規則

スーパーライト700と他メーカーの軽単管パイプとの違い。

私たちの提供する軽量単管パイプ”スーパーライト700”は、他メーカーの軽量単管パイプと比べ大きな違いとして以下の3つがあります。

”伸び”に優れた粘り強い強靭な軽量単管パイプ

数ある軽量単管パイプの中でもスーパーライト700は特に”強靭さ”に優れており、最も粘り強く“伸び“のある軽量単管パイプと言えます。実際に各社が製造している軽量単管パイプと比較をした試験結果は、以下のグラフになります。

[JP][Blog]伸び-1

上記のグラフの通り引張り強さを示す応力は、各社どの製品もそれほど大きくは変わりませんが、最大値は国内A社が少し高くなっています。一方で”伸び”に関しては国内A社/B社、輸入材は約6%〜10%に対し、私たちの軽量単管パイプ”スーパーライト700”はおよそ14%と、他社製品と比べ2倍以上の差が出ており圧倒的に高い数値です。

つまり”強さ”では各製品あまり差がありませんが、”伸び”もしくは”延性”及び”靭性”で考えると”スーパーライト700”が最も粘り強く折れにくい”強靭”な軽量単管パイプだと言える訳です。

そのため万が一大きな衝撃が加わった場合でも、スーパーライト700はその衝撃を吸収しやすく脆くないので折れや千切れが発生し辛く、足場管として使用するプロの方々のみならず、さまざまな活用シーンで広く安全/安心を実現できるといえます。

”700N”の刻印でしっかり識別

全ての軽量単管パイプ”スーパーライト700”の表面には、”労働安全衛生規則五百七十三条”に定められている鋼管の識別を行う事業者さまへのサポートとして、使用毎に徐々に薄れてしまう印字ではなく、下記写真のいつまでも残る”700N”の刻印を900㎜ピッチ間隔で施しています。

700n-safety-security-01

また事業者の方々が工事現場で単管パイプを切断して使用する場合を想定し900㎜間隔で”刻印”を施しているため、1m以上の長さであれば必ずどこかに”刻印”が入り、”スーパーライト700”を現場で切断して使用する場合でも、”刻印”で識別ができて安全/安心に使っていただく事ができます。

またこの刻印は私たちの独自の鋼管を製造した後にメッキを施すユニークな製造方法の中でメッキ前の工程で施されているため、プロの方々が使用した単管の表面についた汚れをワイヤーブラシ等を使って落とす”ケレン”などの処理を行っても、削れて見えなくなるのではなく、寧ろ浮き出て確認し易くなる仕様になっています。

累計販売実績No.1の軽量単管パイプ

そして何よりも軽量単管パイプのパイオニアとして最も誇れるのは、累計販売量ナンバー1の実績です。

”スーパーライト700”は1996年の販売開始以来約46万トン、4メーター換算で約8,300万本の累計販売実績があり、最も多くのお客さまにご愛用いただいている私たちが自信を持ってオススメできる軽量単管パイプです。

SL700-累積販売推移(2021ver)

従来の単管パイプと一本当たり同じ価格で販売されている”スーパーライト700”ですが、この実績を積上げていく背景には当然それを裏付ける具体的な経済的メリットと、より早く着実にお客さまの”為になる”製品/サービスを満足する価格/コストでお届けする当社としての様々な創意工夫が存在します。

25%軽量化がさまざまなコストを削減!

運賃コストの削減

仮に4mの単管パイプを3600本をトラックで運ぶことを想定すると、10t車1台で運べる4mの単管パイプの本数は従来品の場合は900本で、3,600本を運ぶとすると4台必要となります。

一方で軽量単管パイプ”スーパーライト700”はなんと、10t車1台で運べる4mの単管パイプの本数は1,200本の為、同じ3600本を運ぶとすると3台のトラックで済み、トラック1台分減り輸送コストおよび運搬時の燃料使用量の削減を可能にします。

軽量化_スーパーライト700

作業効率改善で”見えないコスト”の削減

単管パイプの従来品は4m1本で10.9kgの重さであり、3本で32.7kgになります。しかし軽量単管パイプ”スーパーライト700”は4m1本で8.3kgの重さのため3本で25kgと、従来品と比べると約8kgも軽量化されることになり、作業負担が25%軽減されます。

そして私たちが過去に行った実証実験を踏まえると、作業負担の軽減に伴ない25%の重量削減分がほぼそのまま運搬時間の削減に貢献するため作業効率も25%改善できることになります。

SL700-作業負担軽減-軽量化

一般的に鋼材を購入する際は価格等の見えるコストの削減に注目しがちですが、このように運搬作業の効率改善というのはいわゆる”見えないコスト”の削減がメリットとして期待でき、使えば使うほど”作業量”と”時間”の削減によってその価値を高めて行くことが可能です。

お近くの在庫拠点の活用で更に運送効率もアップ!

そして入手の面でも皆さまの所在地に近い当社在庫拠点にて直接お引取りをいただくことも原則可能です。下記に各担当営業所の在庫拠点のマップを掲載しましたので、是非運送効率のアップを念頭にご活用いただければ幸いです。詳しくは当方もしくは各担当営業所へご連絡ください。

各在庫拠点お問合せ先一覧

在庫拠点名 お問合わせ先
本社•本社工場

Mail: info-web@daiwast.co.jp
Tel  : 028-686-3581

仙台営業所 Mail: sendai@daiwast.co.jp
Tel  : 022-390--0570
東京支店 Mail: tokyo@daiwast.co.jp
Tel  : 03-5283-7031
名古屋営業所 Mail: nagoya@daiwast.co.jp
Tel  : 052-950-7051
大阪支店 Mail: osaka@daiwast.co.jp
Tel  : 06-6448-5205
福岡営業所 Mail: fukuoka@daiwast.co.jp
Tel  : 092-588-2588

在庫拠点マップ

在庫拠点マップ

用途に応じて様々な加工ニーズにも対応!

また既にピン加工されているものなどご要望がある方々には、ピン付パイプは常時在庫しているためご提供ができます。一部数量等の条件がございますが、更に管端塗装や貴社名の印字を施すなどお客さま毎の様々なニーズもお応えする体制もできていますのでお気軽にご相談いただければ幸いです。

ピン_ステンシル加工画像

お問合せはこちら︎

環境にもやさしいエコなパイプ

私たちは''こんなところから、エコ!”や"エコなパイプで栃木から世界へ!"を合言葉に、長きに渡り環境性能を重視した製品の開発と普及に取組んできましたが、その先陣はこの軽量単管パイプ”スーパーライト700”です。

実際に当社が行っているエコへの取組みは下記の2つがあります。

軽量化による省資源の実現

軽量化により鋼材の鋼材の使用量削減や運搬時のガソリン使用量/輸送トラックの台数削減に繋がる為、運輸や製鉄所での二酸化炭素排出量を削減/減少等でき、温暖化ガス排出量を抑えることが可能になります。

[JP][Blog]SL700_eco

使用している成分が環境にやさしい

白錆防錆の為のコーティングから六価クロムを完全撤廃、亜鉛メッキ工程に於いては最純亜鉛地金(99.995%)を使用して鉛30ppm以下にカドミウム20ppm以下にする事で、六価クロム/鉛/カドミウムフリーを実現し、有害物質の使用を抑えています。

スクリーンショット 2021-03-29 14.51.30

まとめ

今回は軽量単管パイプ”スーパーライト700”にはどの様な特徴があり、実際にどのような部分で皆さまのお役に立てるのかを、改めて詳しくまとめさせていただきました。すぐに単管パイプが欲しいという方がいらっしゃいましたら、下記お見積もりご相談フォームよりご相談ください。

単管パイプのご相談はこちら︎

また小口で「直ぐに◯本の単管パイプが必要で欲しい!!」という場合は、お近くのホームセンターやオンラインショップでもご購入が可能ですので、以前ご紹介した下記ブログ記事をご参考いただければ幸いです。以上、宜しくお願い申し上げます。ありがとうございました。

 ブログ記事:スーパーライト700がすぐ欲しい!!取扱いのあるホームセンターのご紹介。


RELATED POST関連記事


RECENT POST「単管パイプ/足場管」の最新記事


スーパーライト700と他の軽量単管パイプは何が違う?!その特徴/効果/対応に関するまとめ。