2021.12.15

スーパーライト700をよりわかりやすく。プロ/一般ユーザー向けのPOPについて。

当社主力製品の軽量単管パイプ”スーパーライト700”は、1996年の販売開始以来、総販売量は地球5.5周分の長さの約22万km、1本4m換算で約5,530万本を達成し、累計販売実績No1を誇ります。

主に単管パイプは足場として工事現場で使用されるイメージが強いと思いますが、接続金具の豊富さや軽さから、最近では”DIY向け”にも活用されることが多いです。

そこで今回はより当社の軽量単管パイプ”スーパーライト700”の良さを多くの方にお伝えできればと思い、プロとDIYの方々に向けてそれぞれにPOP(店頭広告)を制作しましたので、その活用方法についてご紹介させていただきます。

従来の単管パイプと軽量単管パイプの違いについて

単管パイプには、軽量単管パイプと従来の単管パイプ(STK500)の二種類があり、単管パイプ自体は同じ外径48.6㎜のパイプですが、板厚が一般の単管パイプは2.4㎜に対し、軽量単管パイプは板厚1.8㎜と一般の単管パイプと比べ25%軽量化しています。

例えば一般の単管パイプと軽量単管パイプの4m管を3本抱える場合、一般の単管パイプと比べ軽量単管パイプは約8kg軽くなり、現場での作業負担を軽減することが可能です。

SL700 作業負担軽減 軽量化

私たちの”スーパーライト700”もこの軽量単管パイプで、板厚が1.8㎜で従来の単管パイプ2.4㎜よりも25%軽量化すると共に、引張り強さを約40%以上向上を実現したことで、”軽量”且つ"強靭”というパイプの特性としては相反する要素を見事に両立させた画期的な単管パイプです。

パイプ画像-SL700

スーパーライト700の活用方法

軽量単管パイプ”スーパーライト700”は、足場として工事現場で使用するプロの使用はもちろん、DIYとしてご家庭の棚や柵、太陽光の架台の製作などで使われることも多く、さまざまな用途でご活用することができます。

その為、スーパライト700を提案される業者さまは、それぞれのお客さまに対してのニーズや用途にあったご提案をすることが必要になると私たちは考えております。

プロの方々向けのPOPのご紹介

単管パイプを足場として工事現場で扱われるプロの方は、長期間に渡る施工期間の中で、1日に何本も担いだり運んだり、長い単管パイプの管端を持って下から上へ持ち上げる作業も多くあると思います。

実際に当社の軽量単管パイプ”スーパーライト700”を使われているプロの方に取材をしたブログ記事を以前ご紹介しておりますので、よろしければ以下リンクよりご覧ください。

 ブログ記事:「スーパーライト700」で実現する文化・伝統の継承。桑平工業さまのご活躍について。

私たちは軽量単管パイプ”スーパーライト700”が、仮設資材を大幅に軽くすることでプロの方々が日々効率を改善しながら安全/安心/健康に作業を行える製品である事をわかりやすく店頭で伝えらえる様に、プロの方々の視点でその特性をわかりやすくまとめたPOPを作成しました。以下のリンクより資料をダウンロードし、ご活用いただければ幸いです。

新規CTA

一般の方々向けのPOPのご紹介

単管パイプはクランプジョイントと言った接続金具が豊富にある為、ご自身のお好みに合わせたデザインやモノを製作したり、簡単に組み立てをすることができます。また、軽いから扱いも簡単で一般の方々でも手の出しやすい単管パイプです。

以前に初めて単管パイプを使ったDIYにチャレンジする方でも分かり易いように”DIYの準備〜製作までの注意点やポイントについて”今までにご紹介した記事をまとめたブログ記事を書いておりますので、よろしければ以下リンクよりご覧ください。

 ブログ記事:単管パイプでもっとDIY!!準備〜製作までのコツをまとめてご紹介。

私たちは軽量単管パイプ”スーパーライト700”が、実際にDIYをされる一般の方々が作りたい様々な制作物を実現できる製品である事を店頭でイメージできる様に、実際に単管パイプでDIYをされる一般の方々の視点でわかりやすくまとめた資料を作成しました。よろしければ以下のリンクより資料をダウンロードの上、ご活用いただければ幸いです。

新規CTA

スーパーライト700の価格は?

「一般の単管パイプと比べ”軽量”且つ”強度の高い”軽量単管パイプ”スーパーライト700”はやっぱり高いんじゃないの?」と思われる方も多いかと思います。

結論から申しますと、私たちは一般の単管パイプと軽量単管パイプ”スーパーライト700”のメートルあたりの価格は同値に設定しています。

これは単管パイプを25%軽量化することによってうまれる”現場の作業負担の軽減”や”輸送費および運搬時の燃料使用量の削減”といったすべてメリットの全てが従来の単管パイプと同じ価格で手に入る事を意味しています。

【例】単管パイプ4mを3,600本運ぶ場合の比較

軽量化 スーパーライト700

スーパーライト700の内面はミズエコです

水性亜鉛無機コーティング”ミズエコ”は、外観が美しくさびに強いだけでなく、通常塗料と呼ばれるのに必須な成分である有機樹脂が入っていない内面用塗料に替わる”水系処理剤”です。

製造工程で大気汚染の一因となる揮発性有機化合物VOCをほとんど発生させない為、製造者や利用者のみならず地球にもやさしい製品が実現しました。 

ミズエコ

まとめ

今回は単管パイプを作業現場で使用されるプロの方々とDIYで活用される一般の方々の視点で、軽量単管パイプ”スーパーライト700”のメリットをわかりやすくまとめたPOPをご紹介させていただきました。

ご紹介した2つのPOPはそれぞれ自由にダウンロードができますので、店頭広告やお客さまへの説明資料として、皆さまの目的/ニーズに応じて存分にご活用いただければ幸いです。

またこれらの資料に「自社のロゴを入れて店頭に置きたい」や「カスタマイズして販売促進資料に活用したい」というご要望がございましたら、以下のお問合せフォームよりお気軽にご連絡いただければと思います。以上、宜しくお願い申し上げます。ありがとうございました。

お問合せ


RELATED POST関連記事


RECENT POST「単管パイプ/足場管」の最新記事


スーパーライト700をよりわかりやすく。プロ/一般ユーザー向けのPOPについて。